ミニトマトのソバージュ栽培セミナー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちわ!愛媛新居浜にてBLOF理論をベースに、高品質・多収穫の実現を無農薬にて挑戦しています、いけちゃん農園の森田です。

久々の投稿となりました・・・(-_-;)何度も言いますが、さぼっていた訳でもネタがなかった訳でもありません。むしろネタがありすぎて(忙しすぎて)なかなか投稿することができませんでした。今日は雨!ってことで昨日行われましたミニトマトのソバージュ栽培セミナーの様子をお伝えしたいと思います。

image

A.M9:00。まず午前は松山市の田中ご夫妻の圃場へ。お揃いのチェック柄のお二人。仲がよろしいことで何よりです(^o^)そして今回のナビゲーターはソバージュ栽培の伝道師、パイオニアエコサイエンスの永田さんです。

image

田中さんはいつもの勉強会のメンバーですが、実際に圃場にお伺いするのは初めてです。昨年もソバージュ栽培をされていたこともあり、今回初めてのうちにとって(まぁ去年もやっているんですがね・・・)色々勉強することができました。

image

品種はロッソナポリタン。株間1M間隔で120本。その全てがきれいに揃っていて見事なものでした!また驚いたのはネットの取り付け方。分かりづらいかもですが、ネットの網の目ひとつひとつを支柱に縛ってありました(驚)聞くと相当時間掛かった様子。効率重視で、うちみたいに手間のかかる春人参は絶対やらない田中さんなので意外でした。

image

永田さんからはポイントポイントで、手間の掛からない手段などを伝授。最近ようやく『わき芽』の存在を知った果菜類初心者の自分には、全てが勉強となりなりました。

 

午後は我がホームタウンにい新居浜に移動。実際にウチの圃場を見て頂いてしっかりアドバイスを頂きました!自分が皆さんを案内する立場だったので、写真を撮ることができませんでしたが、実際にネットの張り方も教わり、今日早速張ることができましたよ~( ^o^)ノ

 

image

この日はあいにくの雨模様ということで、質疑応答タイムは我が農園の事務所にて。こちらは実際にトマトを搾る機械『ファビオ』の使い方。永田さんは伝道師でもある傍ら、優秀な営業マンでもあるのです。ウチにも一番大きいサイズのファビオがありますし・・・。トマトペーストにしてお弁当にも活躍しいてる模様です(^o^)

この後トマト以外でアスパラガスの1年栽培のお話や、今回の見学会での質疑応答もしっかり時間をとって頂き、参加者の皆さんも有意義な時間が過ごせたのではないかと思います。僕個人としても、いつもの勉強会以外の参加者の方々と交流ができ、これから続く農業人生の大きな「糧」となる一日でした!

余談ですがこのセミナー修了後、いけちゃん社長と永田さんと3名で親睦会へ。地元でも人気のイタリアンにおっさん3名で、しかもオーダーしたのはまさかの『女子会パーティーメニュー』(笑)美味しい料理と共に色んな濃い~話で盛り上がりました( ^o^)ノ

人参農家のいけちゃん農園としては、これから春人参の収穫・出荷、秋人参の準備と大忙しではありますが、少しでも日々このソバージュ栽培に時間を費やせるように、時間も管理していきながら頑張っていこうと思います!!!

ミニトマトのソバージュ栽培セミナー!」への1件のフィードバック

  1. お疲れ様、大変お世話になりました。社長がせっせと誘引していました
    。私は息子に言うだけでやりません・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です