小祝塾後編 さすがは理論は農家のお二人です!

皆さんこんばんわ(^^)/

愛媛県新居浜市にて、BLOF理論をベースに高品質・多収穫の実現を、無農薬で取り組んでます、いけちゃん農園の森田です!今回は先週行われた勉強会の後編です。

午後は午前中に行われた現地指導を踏まえて、担当農家さんのお話や、小祝先生の講義、その他質疑応答など盛りだくさんの内容でした。特にここ今治の越智さん・丹下さんは、しっかりとした資料を作成して下さり、まだまだ初心者の自分には、本当にいい勉強をさせてもらっています(^^)v

image

まず越智さんが栽培中の春菊の老化苗についてのお話。春菊の苗を育て、それを畑に定植するのが約2週間遅れたという越智さん。それにより生育に重要な根の量が少なくなり、実際簡単にこの日も抜くことができました。根の量が少ないと、せっかく土の中に仕込んだ栄養素が吸えませんよね。『苗半作』とも言うように、やはり苗の良し悪しが大きく関わってきます。もし老化苗になった場合は思い切って断根するのも方法とのこと。その際断根する前に、アミノ酸やお酢を混ぜた液に株元を浸しておくと効果的だそうです。

image

こちらは小祝先生が見せて頂いたもの。よく見ると真っ白できれいな根が、空中を伝って土に伸びていることが分かります。地面の養分を吸って根を伸ばしているのではないのですね!

image

この後は、とっても分かりやすい解説でもお馴染みの丹下さんのお話。人参とミカンの豪華2本立てで~す。

まずは人参。今回の畑は、去年は堆肥を15aの畑に40トン投入して、ひたすら土作りを行った場所。はい、大谷方式です(笑)うちの畑では10aに3〜4トンなので、その量の多さはすさまじいものです((+_+))

ただ4トントラックで10台分。それが畑を走るとなると、その重さにより弊害がでるのも無理ありません。しっかりタイヤの跡に沿って、人参の生育が悪くなってしまったようです・・・。その重さで土の団粒が崩れたことが原因。そして根が張らずミネラルが吸えない。結果中にはチッソ過多による「うどんこ病」の症状も!団粒を作る為の堆肥も、その投入方法はこれだけの量を入れる時は注意が必要なんですね~。

そしてミカン。今回は「浮き皮」について。よくスーパーで売られているミカンで、皮が実に対して余り気味のものありますよね?まぁむき易くていいって方もおられると思いますが。でもこれ、あまり良くはないみたいです。その原因が1月に撒いたCN比15のある堆肥。昨年夏場の日照不足から、今回はしっかり土の中に炭水化物を仕込もうと入れたものですが、それが結果的に良くなかったようです。果樹は年に1度きり。野菜とは違う難しさがあります!

image

質疑応答では松山の安見さん。ご自身の大根の先端の生育が良くないとのこと。これは10月全く雨が降らなかったのですが、これによる水不足が大きく関わっているようです。先端の硝酸値も高く、この先端部に溜まっているみたいでした。これをアミノ酸に切り替えるような技術が大切だと小祝先生からもご指摘がありました。謎が解明できて良かったですね!!

この他にも、最近ニュースにもなった有機肥料偽造のお話や、一柳副会長の東南アジアでの現地講習のお話など盛りだくさんで勉強会は終了。ここのところ徳島へ行ったりしてましたが、久々の近場での勉強会は帰る時間も気にせずじっくりお話できた印象でした(^^) 今年の勉強会も残りあと1回!しっかり学んでそれを活かし、良い締めくくりができるように頑張りたいと思います!!!

今月の小祝塾 小雨男の力発揮できず...

皆さんこんばんわ(^^)/

愛媛新居浜にてBLOF理論をベースに、高品質・多収穫の実現を無農薬で取り組んでいます、いけちゃん農園の森田です。

早いもので11月も半分が過ぎましたね~。先月は全くといって雨が降らなかった四国地方ですが、今月はうって変わって雨が多くなっています。そんな中、昨日は月イチ恒例の小祝塾。今月の舞台はゆるキャラ『バリィさん』でも有名な今治市での開催となりました。当日はかなり雨が降るとの予報でしたが、今回のホスト農家である越智さんから、「自分は小雨男なので、大雨の予報でも小雨にすることができる!」とまぁ若干意味不明なコメントをメールで送ってこられたので、午前中の圃場見学もまぁなんとかなるか!と淡い期待をしていたのですが・・・結果どしゃ降りでしたね(笑)まぁ冷静に考えたらそりゃそうですよね^_^;

 image

こちらが自称「小雨男」の越智さん。ただ越智さんの圃場はハウスなので、雨は気にせず現地指導スタートです!

 image

 image

前作では地元の名産でもある「甘とう美人」という唐辛子の栽培をしていましたが、その収穫も終わり春菊の栽培をしていました。足を踏み入れた時に、かなり土の様子が良くなっているなぁと感じました。

ただ実際試しに抜いてみたのですが、かなり簡単にスポっと抜けました。根の張りに多少問題があったようでした。この原因はセルトレイでの育苗から畑に移し替える時期がかなり遅れたことが挙げられます。通常1週間~10日で移動するところ、色々バタバタで1カ月近く経ってから移した様子。これではなかなか根は張れず、結果必要な栄養素も吸収できず、初期生育に悪影響が出たのではないかと。我がいけちゃん農園での作業もこの初期生育には気をつけて作業するよう心掛けています。それだけスタートダッシュは肝心だということですね(^_-)-☆

 image

あと小雨男でもあり、微生物マニアでもある越智さん。今回はBC菌を用いたぼかし肥料を作成中でした。こちらのBCぼかし、かなり手軽でしかも1週間ちょっとでできるとのこと。主に米ぬかやもみ殻を使用してます。個人的にはこのような自家製での肥料作成や菌の培養などは経験がないので、かなり興味深い内容となりました(^^) 越智さんありがとうございました!

image

次は野菜も果樹もレベルの高いものをいつも作られています丹下さんの圃場へ。雨も益々勢いを増し、傘を差しながらの見学となりました。ますは人参畑へ。ちょうど収穫も始まったところみたいでこちらでもいくつか試し堀り。色鮮やかで、下まで太った見事な寸胴型の人参でございます!

image

ちなみにこちらの畑、ある理由が元で生育にかなりのバラつきがありました。それらの内容は後編のブログで報告させて頂きます。

image

そしてミカン畑へ。今年は果樹独特の隔年結果(収量が良い年の翌年は悪くなる。この繰り返し)の影響で、収量はあまり期待できないとのことでした。そして気にされていたのが浮皮。果樹に関しては無知な自分は、この浮皮はあえて剥きやすいように作っているのかと思っていました(>_<) 実際に市販されているミカンもこのようなもの結構多いですし。でもこれもあまりよろしくないようです。それらの原因も掴んでおられる様子。この問題を検証し原因を追究する姿勢は本当勉強になりますね!

と雨の中での現地指導でしたが、今回も実りの多い時間を費やすことができました!午後の机上学習の様子は、また次回のブログでお伝えさせていただきます(^^)v

早くもいけちゃん狩猟班に結果が!

皆さんこんばんわ(^^)/

愛媛県新居浜にて、BLOF理論をベースに高品質・多収穫の実現を無農薬にて取り組んでます、いけちゃん農園の野菜担当の森田です(笑)

今回は私個人のFaceBookでもご存じかと思いますが、昨日いけちゃん農園狩猟班としては初めて、イノシシの捕獲に成功しましたので急遽ご報告させて頂きます。

昨日は日曜ということでお休みだったのですが、私は行きつけのカフェで読書をしていました。そして夕方前にいけちゃんから1本の電話が。

「イノシシ獲れたみたいなんやけど一緒に今から行く?」

以前から捕獲できた時はご一緒させて欲しいと直訴していましたので、すぐさま合流することに。心なしか初めての捕獲、しかも今から銃を使うということでいけちゃん社長も興奮気味。あと時間も、日が暮れては作業できない決まりみたいで駆け足で現地へ。先輩ハンターの方と一緒に捕獲場所へ向かいました。

 %1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B%203 - コピー (5)

細い山道のさらに下5メートルくらいにヤツはいました!先輩にどこを狙うか確認をしながらまず1発ズドン!見事命中はしたものの、致命傷にはならず(>_<) 気を取り直してもう1発はいズドン!今度はうまく仕留められたようでした。

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B%205 - コピー (4)

崖下に下りてワイヤーを外して引き上げます。大人2人でもなかなかの重さ!引っ張り上げるのには苦労しました^_^;

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B

獲物の前ではいポーズ。(画像には一応モザイク)心なしかいけちゃんの表情にも達成感に満ちています(^^)

そしてそのまま解体作業へ。社長は魚はいつもさばいているようですが、今回はイノシシ・・・まぁ勝手が違いすぎます(笑)しかも新品のハンターナイフは持参していたものの、1度も刃を研いでないみたいで・・・まぁ案の定、全く切れませんでした((+_+))ここでも先輩ハンターの方にご協力をお願いして、我々はそのサポートを。約2時間でざっくりとですが、見事に解体終了!この様子の画像はもちろん載せることはできませんが、いけちゃんはちょっと苦手そう。逆にかなり問題なくサポートできた自分には驚きました(笑)

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B%201 - コピー (6)

ここまできたらスーパーで売ってるお肉と同じ。今日はパートの白石さん・野口さんが更に細かく精肉作業。嬉しそうにお土産として持ち帰っていきました~。ただウチでは食卓にお肉が出ることがないので、奥さまとしっかり話合ってからどうするか考えたいと思います”(-“”-)”

いけちゃん人参奮闘記!!!

皆さんこんばんわ(^^)/

愛媛新居浜にて、BLOF理論をベースに高品質・多収穫の実現を、無農薬にて取り組んでますいけちゃん農園の森田です。

早いものでもう11月!朝晩もかなり冷え込みますよね~(>_<) ただ日中は気温もぐんぐん上がり、若干遅れ気味のいけちゃん農園にとっては嬉しい誤算かも?先週からは第2期人参の播種も始まり、日々新たなスタッフも加わり活気に溢れていますよ!

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B%201 - コピー (5)

9月上旬に播種したこちらは人参。品種は人気のアロマレッド。今年は例年以上に土の団粒の状態も良好!そして珍しく雑草の管理もしっかり行うことができています(笑)晴天続きの恩恵で、しっかり光合成もできている様子です(^_-)-☆

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B%203 - コピー (4)

雑草を抜きながらの間引き作業。毎年この間引きは行ってはいないのですが、今年は元肥のチッソ量が足らなかったこともあり(追肥はやりました!)行うことに^_^; 土の団粒のおかげで、根もしっかり伸びている様子。あとはどこまできれいな寸胴型で量を稼げるかがポイントとなりそうです。

灌水中

晴天続きはありがたいのですが、なんせ10月は雨が降った日がたったの2日!これでは土が乾燥しすぎて生育に悪影響が出てきます。いけちゃんではスプリンクラーはありませんので、水やりはこのように全て手作業・・・。効率は良くありませんが誰かが言ってました。

「水は肥料である!!!」

手間を惜しんではいい野菜は作れませんよね(^_-)-☆

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B%205 - コピー (3)

%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B%201 - コピー (4)

通常人参の播種は、遅くても9月中旬までには終わらせたいところ。ただ今年のいけちゃんは攻めていきます!先週から第2期目の人参の播種を始めました。勿論普通にやれば、気温が低すぎてお話になりません。このように骨組みを立ててトンネル栽培!年明けには第3期目の播種も予定しており、来年の6月くらいまで、常に人参が収穫できるような取組みをしていきます。その結果はいかに!またその様子は順次ご報告していきたいと思います(^^)/