今年最後?久々小祝塾 IN 松山

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんばんわ( ^o^)ノ愛媛新居浜にて、BLOF理論をベースに高品質・多収穫の実現を無農薬で取り組んでいます、いけちゃん農園の森田です。

人参の収穫が落ち着きホッとしたのか、ここのところ体調を完全に崩しております(-_-;)そこに花粉症のダブルパンチが・・・。今日もここのところ全く雨が降らないので機械を使用しての灌水作業。体にたっぷり水もかかり、まだまだ回復するには時間がかかりそうです(^^;;

そんなことより先週、久々の勉強会が行われました!場所は松山市。天気も上々!さぁいってみましょ〜う( ´ ▽ ` )ノ

image

まずは『ほのぼの農園』さんにおじゃまさせてもらいました。

こちらは本格的に農業に参戦してまだ1年ほど。しかし広大な農地でいきなり挑戦されている農家さんです。

まずはジャガイモ圃場。しっかり芽も出ていて順調そう。奥の2畝ほどが違う農家さんが栽培されているようで、その生育の違いがすでに現れていたようです(^-^)

image

トンネルを使ってのレタス栽培。現在第2作目とのこと。1作目収穫後、そのまま次の作付けをされたようです。なかなか2作目には四苦八苦されてるみたいでした。

image

そして圧巻のビニールハウス。新設ハウスで自動開閉も可能な優れもの。現在このように太陽熱処理の真っ只中。

ここで小祝先生からの指導が。ビニールの裾を土に入れてないことで、土の中の熱気が漏れてハウス全体が蒸し暑くなっていました。入った瞬間メガネが曇ったりするようではよくないようです。

image

メガネをつけていない田中さん。新設ハウスに興味津々のご様子。

image

次は毎回わざと失敗してもらって、我々に情報提供してくださる『あいさい農園』の安見さんです(笑)まずは赤玉ねぎの圃場からスタート!

image

少し前に葉っぱに病気も出たようです。節間も少し伸びぎみ。聞くと窒素が36キロも…(^^;; 『ミネラル先行窒素後追い』のBLOF理論の鉄則がありますが、少し窒素が多くなったことも原因のひとつかなと感じました。

image

こちらはJAS圃場のニンニク。葉っぱを見て小祝先生は…

image

しっかり育ってはいるが、葉に照りがあまりない。先ほどの玉ねぎも同様の状態に。この照りの原因は硫黄。硫酸マグネシウムのような肥料を入れて、これらの野菜は栽培した方がいいので注意が必要とのことです。確かにウチでも玉ねぎを作っていた時は入れてたな〜。改めて復習できました!

ここで午前の圃場見学は終了。お昼休みの間にコソッと『みかんマイスター』大谷さんの圃場を視察。相変わらずのふかふかな土に驚愕。もっとゆっくり時間をかけて観察したかったところです(^-^)

で、寄り道したことで僕のお弁当が品切れ…仕方なくジャンクフードを食べることとなったのはご愛顧(笑)午後の座学はまた次回にご案内致します(^_^)v

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です